愛猫に合ったドライタイプのキャットフードを選ぼう

MENU

愛猫に合ったドライタイプのキャットフードを選ぼう

愛猫に合ったドライタイプのキャットフードを選ぼう

空前の猫ブームが巻き起こっている今、キャットフードにも注目が集まっています。キャットフードには大きく分けてドライタイプとウェットタイプの2種類があります。このうちドライタイプとは水分含有量10%以下のものを指します。ドライタイプのフードの特徴は、長期保存が可能である、比較的安価である、アゴを鍛え歯石の除去が期待できる、ことなどです。

 

ドライフードをメインに食べさせる場合、十分に水分を取らせる必要がありますが、ほかの栄養素を与えなくてもこれだけで栄養が満たせるのがメリットです。一方ウェットフードは水分含有量が75%以上です。水分が多いと腐敗しやすいため、どうしても添加物が多めになります。猫の満足度は高めですが、値段も高めで口臭や歯石の原因にもなりがちです。

 

高齢の猫でドライフードを食べるのが辛くなった時などは適切に使うことは有効でしょう。また薬を混ぜて飲ませるのにも役立ちます。臨機応変に使い分ければいいでしょう。

 

ドライフードは水分を吸いやすく酸化しやすいため、保存には注意が必要です。小分けにして冷暗所に置くか、可能であれば密封容器に入れて保存することが理想です。フードを選ぶ時、注意すべきポイントの一つは原材料です。安価なフードの中には獣医が危険視するいわゆる「4Dミート」が含まれているものがあります。

 

これは、死んだ動物の肉などの廃棄肉や、お店から出る生ごみなどを含んだ危険な肉のことです。原材料の所に家禽ミート、ミールミートなどと表示されているものがそれです。こういった肉は加工までに時間が経過しているものが多いため、サルモネラ菌や大腸菌に汚染されている可能性が高いです。こんなフードは決して愛猫にはあげたくないですよね。

 

また、かさ増しなどの目的で、猫には不必要な穀類が大量に含まれているものもあります。トウモロコシや小麦などの穀類は肉食の猫には害になりこそすれ栄養価は全くありません。むしろ肥満を誘発して糖尿病などの病気になる危険もあるのです。

 

そして添加物にも注意が必要です。不自然に賞味期間が長いものには防腐剤が多く含まれている可能性があります。防腐剤として用いられるエトキシキンはかつてベトナム戦争で枯葉剤の原料になった悪名高い物質です。BHAやBHTは、主に殺虫剤やガソリンの酸化防止剤として使われているもので、発ガン性が認められています。これらの防腐剤が使われているフードは絶対に避けましょう。

 

フードを選ぶ時に注意すべき次の点は、猫の年齢帯に合ったものを選択することです。子猫、成猫、シニア猫では必要とする栄養バランスが違ってくるのは人間と同様です。子猫の時期はカラダを作る大切な時間です。たくさん運動してどんどん大きくなります。

 

このため、子猫用のフードは通常よりタンパク質の含有率が高いものになっています。シニア猫の場合は、基礎代謝も低下してくるために、低カロリーの栄養配分になっています。また高齢の猫は腎疾患を発症しやすいため、これに配慮したフードも作られています。腎不全は猫の死因の第一位を占めています。

 

2016年10月に、猫の腎不全の原因が解明されたことが発表されました。多くの飼い主さんたちが喜んだことでしょう。臨床応用はまだ少し先になるでしょうが、この研究がキャットフードに応用され、腎不全で苦しむ猫が少なくなればいいですね。

 

肥満してしまった猫にも特別の注意が必要です。猫にとって肥満は内臓疾患の危険を増長させる恐ろしいファクターです。太っている猫が可愛いからといって欲しがるだけご飯を上げることは、わざわざ病気に近づけているようなものです。猫の年齢や状態に合わせて、適切なフードを選択し、適切に食事量を管理することは飼い主の責任です。

 

ラグドールやメインクーンなど長毛猫などの場合には、毛づくろいとともに長い毛が飲み込まれ、お腹に毛玉が溜まりやすくなることがあります。こんな場合には毛玉が排出されやすくなるように食物繊維が増量された毛玉ケア用のフードもあります。ただし、毛玉ケアのフードはうんちが大きくなる傾向があるために、もともと便秘になりやすい猫の場合、症状が悪化する危険があることに注意しましょう。

 

こうして注意して選んだフードでも、猫が食べてくれないと困ってしまいますね。毎日同じフードを決まった量与えることで、猫の健康を管理することが出来ます。頻繁にフードを変えることは好ましくありません。

 

食べてくれない原因は、単に飽きてしまった場合もあるでしょうし、おやつを食べすぎた、ツマミ食いをして嗜好が変わった、フードの温度が気に入らない、などが考えられますが、猫に必要な栄養素がきちんと含まれているフードを食べなくなるのは大変危険です。

 

好物のウェットフードやかつお節などを少量混ぜてみたり、食器を温めてみるのも一つの手かもしれません。あるいはどこか調子が悪くてフードに手を付けないのかもしれませんから、日ごろから食べたフードの量やうんちの量、体温などをよく観察しておく必要があるでしょう。

 

猫の成長は早いので、フードも猫の年齢帯や健康状態に合わせて適切に選択していく必要があります。愛猫にいつまでも健康で元気でいてもらうために、日ごろから健康状態の管理をしっかりし、情報にアンテナを張りながら、適切なフードを選択したいものですね。

関連ページ

無添加のキャットフードがおすすめな理由
現在多くのキャットフードが出回っており、以前よりネット通販やホームセンターなどで安価に購入できますが、本当にそれで大丈夫?ここでは、無添加のキャットフードがおすすめな理由についてわかりやすく解説していきます。
猫のペットフードでおすすめ出来るのは
愛猫が可愛くて仕方ない、猫の体調が悪いときには気が気でない…そんな飼い主さんであれば、ペットフードにはきっとこだわりたいはず!ここでは、猫のペットフードでおすすめ出来るのにはどのようなものがあるのか、わかりやすく解説していきます。
口コミで人気のキャットフードのまとめ
たくさんの種類が存在するキャットフード、その素材や栄養素など含まれるものは様々です。このキャットフードは愛猫の健康を支える大切な栄養源だけに、ちゃんと良いものを選びたいですよね?ここでは、おすすめできる口コミで人気のキャットフードにはどのようなものがあるのか、わかりやすく解説していきます。
キャットフード選びと必要な栄養
現在販売されているキャットフードはたくさんの種類があるため、どれを選んでよいかわからなくなることはありませんか?ここでは、愛猫にぴったりのキャットフードを選ぶために知っておきたい必要な栄養と選ぶ時のポイントについて、わかりやすく解説していきます。
チキンアレルギーのネコちゃんへのキャットフードの選び方
ワンちゃんと違い世話も楽だし丈夫だし、という理由でネコを飼い始めた方も多いかもしれませんが、なかには食べさせるキャットフードによってはアレルギーを起こしてしまい、飼い主さんの悩みのタネになる場合もありますよね?ここでは、チキンアレルギーのネコちゃんへのキャットフードの選び方のポイントについてわかりやすく解説していきます。
猫ちゃんのための高品質なペットフードの選び方
人気のペットのトップにはいつも犬と猫が上がってきますが、それだけにこの両者とも、そのペットフードは非常に種類が豊富でたくさんの商品が出回っています。ここでは、そんな猫ちゃんのための高品質なペットフードの選び方についてわかりやすく解説していきます。