チキンアレルギーのネコちゃんへのキャットフードの選び方

MENU

チキンアレルギーのネコちゃんへのキャットフードの選び方

チキンアレルギーのネコちゃんへのキャットフードの選び方

最近ネコブームですね。ワンちゃんと違い世話も楽だし丈夫だし、という理由でネコを飼い始めた方も多いと思います。が、ネコちゃんもワンちゃんと同じでいろいろな病気にかかります。風邪、腎不全などが有名なのですが、まれにみられるのが食物アレルギーです。ワンちゃんほど皮膚が弱い品種が一般的ではないので数は少ないのですが、確実に存在します。

 

食物アレルギーの場合、キャットフードによく使用されるお肉の種類に対しアレルギーを発症してしまう子が多いため、今回はチキンアレルギーを発症してしまった例を挙げてごはんの選び方などご紹介します。雑種の子も可能性はあるのですが、品種ではアビシニアンなどがアレルギーやアトピーを起こしやすいといわれてします。

 

FINEPET’Sチキンは手軽に手に入る肉として肉食のネコちゃんたちのためにフードに使われることが多いです。ただ、いろいろなフードに使われているのでアレルゲンに対する暴露(アレルギーの原因物質に接すること)が多くなってしまいます。お肉そのままのほかにも、パウダー状だったり脂として添加されていたりします。

 

よって、チキンアレルギーのネコちゃんを飼っている方はたとえチキン味ではなくても成分表示を見てごはんを購入してください。

 

FINEPET’Sアレルギーというのは、その個体がアレルゲンに対するバケツを持っていて、アレルゲンを身体に取り込んだ量が多くなるとそのバケツがいっぱいになってしまいアレルギー症状を発症します。同じような説明を花粉症になったときに医師から説明された人もいるのではないでしょうか。花粉症はアレルギーの一つなので、原理は同じです。

 

ネコちゃんの食物アレルギーの場合、発症しやすい症状は湿疹、痒みや下痢が多いといわれています。そのためもし原因不明の痒みや下痢が続いていたら、何か特定のものを食べた時じゃないかを一応チェックしてみると獣医さんの助けになるのではないでしょうか。

 

もちろんほかの原因で痒みや下痢がでることの方がネコちゃんは多いため、一概にアレルギーだと断定できないということは念頭においてくださいね。診断の方法としては、1か月アレルギー用の処方食に変えてみて、痒みが収まっているようならまたもとのごはんに戻してみて症状がぶり返すか確認する方法をとります。

 

ただ症状が治まっているのに、元のごはんに戻すとまた症状が出てしまい、そのことが動物にとってかわいそうという飼い主さんもいるため、最後の確認までたどり着けないこともあります。ネコちゃんに快適に暮らしてもらうことが治療の目的なので、最後の確認は飼い主さんの希望によりけりな部分が多いようです。

 

FINEPET’Sキャットフードを選ぶときは、市販のものだと意外とチキンが入っていないものを選ぶのが難しいことも多いです。もし一人では選びきれない、という場合はペットショップの店員さんや獣医さんなど、プロに相談してみましょう。

 

獣医さんだと処方食も含め紹介してくれますし、ネコちゃんは食の好みがワンちゃんにくらべ厳しいのでサンプルをくれるところも多いです。処方食はラム肉やアヒル肉など、今までの人生(猫生?)で一回も食べたことがないであろうお肉が使われています。

 

そのためもしチキンが原因でアレルギー症状を発症している場合、フードを変更することでアレルギー症状は治まってくれます。アレルギー食を試す場合は1か月周期が理想的で、理由は身体のターンオーバーが大体1か月周期のものが多いから。特に皮膚を症状の指標としている場合は1か月を基準として判断します。

 

なので、まったく食べないだとか下痢がひどくなったなどごはんによる弊害が出ないかぎりは、1か月間おやつなしで処方食のみ上げることを飼い主さんに頑張ってもらう必要があります。ネコちゃんのおねだりに負けない精神力が重要ですね。

 

ごはんの制限という治療の種類上、飼い主さんだけではなく家族の方の協力も不可欠です。お母さんは頑張ってるんだけどお父さんがおやつをあげてしまう、というのがよくみられるパターンです。

 

FINEPET’Sアレルギー食のフードメーカーの名前を挙げると、ヒルズ、ロイヤルカナン、ドクターズケアなどが有名です。しっかりと処方食としてアレルギー食を製造している会社なので、信用度は高いと思われます。ただ、処方食の場合は自分の判断で買わず、プロのアドバイスの元買うのをおすすめします。

 

一度病院に行ってしっかり検査、診断してもらってからごはんを選ぶのは、ネコちゃんの今後の体調管理のためにも重要です。もしかしたらほかの病気が隠れているかもしれないので、素人の自己判断は危険ですよ。

 

FINEPET’Sネコちゃんの快適な暮らしのために、アレルギーではなくてもごはん選びは良いものを選びたいですよね。ごはんは健康を作るための重要な要素の一つなので、いつものごはん選びのときにもちょこっと成分表示を見てみたり、ということもしてみると良いかと思います。ご自宅のネコちゃんのごはんの好みもわかって面白いと思いますよ。

関連ページ

無添加のキャットフードがおすすめな理由
現在多くのキャットフードが出回っており、以前よりネット通販やホームセンターなどで安価に購入できますが、本当にそれで大丈夫?ここでは、無添加のキャットフードがおすすめな理由についてわかりやすく解説していきます。
愛猫に合ったドライタイプのキャットフードを選ぼう
空前の猫ブームが巻き起こっている今、キャットフードにも注目が集まっていますが、キャットフードは市販の安いものだけで済ませていませんか?それでは猫に可哀想なことをしているのかも?ここでは、愛猫に合ったドライタイプのキャットフードを選ぶメリットについてわかりやすく解説していきます
猫のペットフードでおすすめ出来るのは
愛猫が可愛くて仕方ない、猫の体調が悪いときには気が気でない…そんな飼い主さんであれば、ペットフードにはきっとこだわりたいはず!ここでは、猫のペットフードでおすすめ出来るのにはどのようなものがあるのか、わかりやすく解説していきます。
口コミで人気のキャットフードのまとめ
たくさんの種類が存在するキャットフード、その素材や栄養素など含まれるものは様々です。このキャットフードは愛猫の健康を支える大切な栄養源だけに、ちゃんと良いものを選びたいですよね?ここでは、おすすめできる口コミで人気のキャットフードにはどのようなものがあるのか、わかりやすく解説していきます。
キャットフード選びと必要な栄養
現在販売されているキャットフードはたくさんの種類があるため、どれを選んでよいかわからなくなることはありませんか?ここでは、愛猫にぴったりのキャットフードを選ぶために知っておきたい必要な栄養と選ぶ時のポイントについて、わかりやすく解説していきます。
猫ちゃんのための高品質なペットフードの選び方
人気のペットのトップにはいつも犬と猫が上がってきますが、それだけにこの両者とも、そのペットフードは非常に種類が豊富でたくさんの商品が出回っています。ここでは、そんな猫ちゃんのための高品質なペットフードの選び方についてわかりやすく解説していきます。